昭和史 ~出来事集~

スバル360とマイカーの時代

スバル360は1958年に富士重工業株式会社から発売され、以後12年間大きなモデルチェンジもなく、多くの人々に愛され続けました。発売以来あっという間に、町のそこかしこで特徴のある愛すべきボディを見かけるくらいに急速に普及しました。以来半世紀を過ぎた現在も尚、熱烈な愛好者が多く、「スバル360オーナーズクラブ」などで、部品情報の交換やツーリングを楽しんでいるようです。1960年代中ごろから「Color TV」、「Cooler」、「Car」の3Cという新しい三種の神器が言われるようになったのは、スバル360の登場によって、一般庶民も「自分達でも買える車」があることを知り、Carが身近な存在になったことによるものだと思います。スバル360の成功により、他の自動車メーカーも追随し、車が庶民の生活に大きく入り込むようになりました。

[PR]
税理士 博多で税理士をお探しなら細川誠哉税理士事務所
株式会社HDIは一流企業様のブランドロイヤリティアップに貢献するクリエイティブエージェンシーです。
最新ニュースを取り扱ったビジネスマン・キャリアウーマン向けサイト
確かな環境分析データを高い技術力と積み重ねた長年の経験で提供できるのは静岡県帝人グループの東邦化工建設です。環境分析を通じて環境保全のお手伝い。環境分析のご相談は静岡県・東邦化工建設分析センターまで。
海外でもインターネットをガンガン使いたい人必見 大容量WiFiレンタルのビソンデータジャパン

しかし一部の大金持ちの贅沢品であった自家用車を、庶民が手に届く商品に開発するのは容易ではなかったはずです。当時の課題は富士重工業のホームページによると、「車体の軽量化」、「生産の簡易化」、「大人4人の充分な車体スペースの確保」、「快適な乗り心地の実現」、「軽量で高出力」、「高耐久性エンジンの開発」だそうで、新幹線同様に過っての航空機技術が随所に取り入れられたそうです。モノづくりには技術の蓄積が大切で、過去の蓄積を食い潰すだけでなく、明日を作る意欲、基礎力をつける教育、技術開発など、次世代へ引き継ぐべくモノをわれわれは残していかなくてはなりません。

[PR]
長野市 骨董品長野市 絵画長野市 茶道具、骨董品買取なら:えんや 大阪 アンティーク、大阪 掛け軸、大阪 遺品
東京近郊で異業種交流会、ビジネス交流会、ビジネスマッチングを提供
ラドビジョン製品をご提案から導入設置までワンストップでトータルにご提供。高い技術力、全国設置導入も対応。
ブログ イベントブロガー 工場見学は丁寧なブログプロモーションを行うライトアップへご相談ください
物流ロジスティクスの専門誌 月刊LOGI-BIZ トラック運賃情報など多数掲載
アパレル・専門店・小売・卸売業などの販売促進支援・会員管理 システムのことなら【グローバルライト】