昭和史 ~出来事集~

岩波文庫の創刊 

岩波文語の創刊は昭和の初めの1927年で、約10年後の1938年には新書版も創刊しています。安価で軽くて手軽に持ち運びできる文庫本スタイルの完成や、その後の新書版の位置付けは、日本の出版史上画期的なことだと思います。その後多くの出版社から文庫本や新書版のシリーズが出ていますが、最初から文庫本のみの出版物もあり、当初の意図を維持しているのは岩波文庫くらいではないでしょうか。巻末に記されている、発行時の岩波茂雄による「読書子に寄す-岩波文庫発刊に際して-」と言う一文にあるスタンスは、玉石混交となってしまった多くの出版社の文庫本とは一線を画するものです。表紙のデザインも書かれているものの厚みを感じさせるものであり、帯の色によって分野を分けている方式も使いやすいものでした。

[PR]
株式会社fopen.co.jp/">フォープンは、皆様の可能性と共に『挑戦する未来』を創造します。
これまで1000件近くの経営革新計画の支援実績をベースに、経営の基本をわかりやすくノウハウ化。創業に必要な知識だけでなく、様々な会社の事例を基に、創業を成功に導くためのセミナーを開催しています。
TBSCは、東京近郊でセミナーや異業種交流会、ビジネス交流会を主催
AWS監視の専門会社スカイアーチ
確かな環境分析データを高い技術力と積み重ねた長年の経験で提供できるのは静岡県帝人グループの東邦化工建設です。環境分析を通じて環境保全のお手伝い。環境分析のご相談は静岡県・東邦化工建設分析センターまで。

岩波文庫は昭和の大学生にとって、ある意味でステータスでした。他の文庫本ではなく、岩波でなくてはならない面もあったように思います。全巻読破をめざしたり、わざと当時のパラフィン紙もはずして剥き出しにして、「岩波」であることを誇示する人もいたりして、特に白い帯は一通り読み込んでおかなくては大きな顔ができなかったりしました。今考えるとたわいもないことですが、少なくとも読書に対する文化は岩波文庫を通じて存在していたと思います。

[PR]
株式会社FiveSpotはAccess・エクセルでの業務システム 開発を行っています。
営業コンサル会社が提供する営業支援営業アウトソーシング営業代行、テレマーケティング
携帯・タブレット・スマホ修理のことなら日本アシストがおススメ!
最新ニュースを取り扱ったビジネスマン・キャリアウーマン向けサイト
長野市 骨董品長野市 絵画長野市 茶道具、骨董品買取なら:えんや 大阪 アンティーク、大阪 掛け軸、大阪 遺品
博多 税理士をお探しなら細川誠哉税理士事務所