昭和史 ~出来事集~

昭和の航空機事故

航空機事故は一旦起きると悲惨な結果になり、多くの人々の記憶に残ります。最初の商業定期便による死亡事故は1930年代の始めに発生したようですが、1930年代に5回、1940年代に1回、1950年代に3回と30年間に9回を記録しています。ところが1960年代になると実に16回と急増しています。中でも全日空羽田沖事故は133名、全日空松山沖事故では50名全員が死亡しています。70年代6回、80年代7回と拡大しています。素人が考えても、航空機利用の普及、運行の過密化、大型機やその後のジェット機の開発などによるパイロックの訓練の問題など、いろいろ思い浮かびます。おそらくそれらの事故を引き起こして原因は、他の産業の問題にも当てはまりうる問題だと思います。

[PR]
ブログ イベントブロガー 工場見学は丁寧なブログプロモーションを行うライトアップへご相談ください
長野市 骨董品長野市 絵画長野市 茶道具、骨董品買取なら:えんや 大阪 アンティーク、大阪 掛け軸、大阪 遺品
ブログ、掲示板、SNSの監視なら、BCマネージ。
営業コンサル会社が提供する営業支援営業アウトソーシング営業代行、テレマーケティング
これまで1000件近くの経営革新計画の支援実績をベースに、経営の基本をわかりやすくノウハウ化。創業に必要な知識だけでなく、様々な会社の事例を基に、創業を成功に導くためのセミナーを開催しています。
大容量のCAD・動画ファイルも安全にファイル転送 高速でしかも簡単
ラドビジョン製品をご提案から導入設置までワンストップでトータルにご提供。高い技術力、全国設置導入も対応。
発注 管理 システム構築から運用・保守サポートまで一貫した製品・サービスを提供 Global Right

日本における最大の航空機事故は、1985年の日航ジャンボ機墜落事故で、実に520人もの命が失われました。墜落現場となった御巣鷹山では毎年慰霊登山が行われています。この事故は遡る1978年に同機が大阪国際空港に着陸の際にしりもちをついた事故の際の修理ミスが原因で引き起こされています。また1982年の日本航空350便羽田沖事故はある意味で衝撃でした。事故から救助に至るまでの様子は逐次テレビで映像が流されました。無表情の機長が救助される様子、それも最後にボートに乗るのではなく、乗客に混じって救助され、しかも制服でもなかったことなどは、その後の解説で日本人の印象に残ったのです。このとき初めて日本人は「心身症」と言うものの存在とその怖さを知りました。おそらく、ストレスが多いであろうパイロットという職業と、身近な職務上にたくさんあるストレスとを重ね合わせていたと思います。

[PR]
株式会社FiveSpotはAccess・エクセルでの業務システム 開発を行っています。
溶剤回収装置 の設置、メンテナンスを通じて循環型社会を目指し、溶剤回収装置にて環境保全、コストカットのお手伝い。溶剤回収装置は帝人グループの静岡県・東邦化工建設株式会社まで。
博多 税理士をお探しなら細川誠哉税理士事務所
最新ニュースを取り扱ったビジネスマン・キャリアウーマン向けサイト
油圧トルクレンチ油圧ナットフランジスプレッダーのことなら「油圧トルクレンチ」をはじめとした大口径ボルト締付機器の専門メーカートルクシステムへ。
株式会社fopen.co.jp/">フォープンは、『全ての人に可能性を与え続ける事』を目標とした集団です。